あなたの家庭に「美味しい!」を届けます

お料理に使用する出汁や海藻、お酒の肴にピッタリの珍味など
美味しさにこだわった商品を多数ご用意しております。

かつお節

  • 宗田節(ソウダガツオ)
  • 鯖節(サバ・ゴマサバ)
  • 鮪節(シビ)
  • 鯵節(ムロアジ)
  • 鰯節(カタクチイワシ、マイワシなど)
  • モルディブ・フィッシュ(ハガツオ)
  • 鮭節
           

昆布

  • マコンブ (真昆布)
  • リシリコンブ (利尻昆布)
  • ホソメコンブ (細目昆布)
  • ミツイシコンブ (日高昆布、三石昆布)
  • ガッガラコンブ (厚葉昆布)
  • ネコアシコンブ (猫足昆布)
  • ガゴメコンブ(ガゴメ) (籠目昆布)
           

煮干し

■片口煮干し

片口イワシを原料とした煮干しで最も生産量が多い。背の部分が白く仕上がる白口煮干し、青く仕上がる青口煮干しもあり、前者は瀬戸内など温暖な内海でとれたもの、後者は千葉や茨城などの外海でとれたイワシを用いている。白口の方が甘味ある出汁に。

■平子煮干し

近年希少となってきた真イワシを原料とした煮干し。淡泊であっさりした味わいで、隠し味にもおすすめ。

■ウルメ煮干し

ウルメイワシを原料とした煮干し。脂肪が少なく、上品な甘味の出汁がとれる。長崎県が主な産地。

■アゴ煮干し

九州や山陰地方でアゴと呼ばれるトビウオを原料とした煮干しで、独特の甘味が特徴。高級煮干しとして料亭で用いたり、正月の雑煮の出汁をとったりもする。ラーメン用の煮干しとしても人気が高い。

■アジ煮干し

アジを原料とした煮干し。高知などでは欠かせない出汁の素。甘味があってあっさり、魚の臭みがない。苦味も少ないのではらわたを取らなくても大丈夫だ。

■鯛煮干し

たまたま網にかかった小鯛が原料。鯛を丸ごと使った贅沢なもので、非常にレア。すっきりして上品な出汁は鯛ならでは。鯛めしやお吸い物に。

椎茸

■冬茄(どんこ)

1~2月頃に採取される椎茸です。丸型肉厚で傘が開ききらず、表面に亀裂が入っている乾燥品のことをいいます。特に天白冬茄(てんぱくどんこ)は、冬茄の中でも1%も取れないといわれており、最高級品とされています。
肉厚なので、もどすのに時間がかかりますが、肉厚で食感やだしの味がとても良く、めんつゆ、汁物、煮込み、中華に合うことから、色々な料理で使われています。

■香信(こうしん)

晩春か秋の温度が高い頃に取れた椎茸です。傘が8~9分ほど開いた椎茸を乾燥したものをいい、肉薄でなめらかな表面と薄い軸が特徴です。

                

値段が安くてもどしも早く、火の通りも良いことから、料理のだしとして日常的に使われることが多い干し椎茸です。冬茄に比べると風味や歯ごたえに欠けますが、ちらし寿司、煮しめ、炒め物に最適です。

■香茄(こうこ)

冬茄と香信の間の時期に収穫した椎茸を乾燥したものです。肉厚と傘の開きが冬茄と香信の間なので、両方の良さを兼ね備えている干し椎茸です。

Copyright(c) 2019 nishizakifood. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com